MEYASUBAKO

(名前と内容は必ず記入して下さい。)
題 名
名 前
E-Mail
内 容
URL
題名色 削除用 Pass(4字以上)

五街道 雲助 投稿日 / 2018年11月1日<木>10時41分

ありゃりゃの霜月入りです


お知らせ更新しました。(^.^)/
 

お知らせはWhat's New から入れます。
 

マグノリア(683) 題名:チコちゃんに叱られる 投稿日 : 2018年10月24日<水>22時11分/女性/50才

10月21日に三井ホールで「厩火事」を拝見しました。「チコちゃんに叱られる」がウケました。

Res:雲助(199) 題名:はい 投稿日 : 2018年11月1日<木>11時09分
 
以前からなんかの噺にチコちゃんが入らないかなぁと考えていたんですけど「厩火事」に入りそうだと気がついてこの日初めて入れてみました。
あれだけのウケがあるというのは皆さんけっこう見てるんだなぁと妙な感心をしました。(^o^)

なんだかあの個所だけ浮いてしまいましたね。

「商売根問」にも入れられそうな気がしています。(^.^)
 



グーホ(430) 題名:念願の『やんま久次』 投稿日 : 2018年10月23日<火>23時37分/東京都/女性

10月7日の浅草見番にて、やっと出会えました!

御著書「雲助、悪名一代」を拝読して以来、『やんま久次』の啖呵「大べらぼ
うめぇっ」が忘れられず、以来ずっと雲助師匠の会で出会えることを願ってお
りました。

当日、聴いている途中待ちに待った演目と知り、もう嬉しくて嬉しくて。
ギラッと迫力の啖呵の「大べらぼうめぇっ」カッコよかったー!

帰路はスキップの気分でした。
ありがとうございました!


Res:雲助(944) 題名:ありがとうございます 投稿日 : 2018年11月1日<木>11時05分
 
あのまま師匠の意見が身に沁みて久次郎が改心をしたら面白くも何ともない噺ですね。(^o^)

圓朝師は最後に立ち上がって「さつまさ」を唄いながら引っ込んだそうです。
一度だけその形で演ったことがありましたけどなかなか難しいです。高座に山台があったらもう出来ませんし。
 
小悪党が小気味いい噺ですね。お客様によっては「で… あれからどうなるんです?」という方もおりますけど。(^^;;
 



まいまい(654) 題名:目黒のさんま 投稿日 : 2018年10月17日<水>20時44分/東京都

今日、目黒のさんまを聞かせていただきました。

百姓家のさんまが夕食に食べたくなるほどおいしそうだったのが印象的でした。

Res:雲助(448) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年11月1日<木>10時57分
 
「目黒の秋刀魚」はあまりかけたことのない噺です。演ろうと思って寄席に行ってもこの時期はたいがい先に出ていたりしますから。(^^;;

この噺は殿様が秋刀魚に恋い焦がれる噺ですから初食の時にその美味しさが出ていないとつまらなくなりますね。
 
あたしの師匠の「美味である!」が可笑しくて今でも頭から離れません。(^o^)
 



うまのすけ(276) 題名:アド街 投稿日 : 2018年10月14日<日>22時04分/岩手県/17才

昨晩、東京ローカル番組?の「出没!アド街ック天国」が三ノ輪の特集でした。なんとなく見ていたら、なんだか無性に師匠の廓噺を聴きたくなりました。「土手の伊勢屋」さんも紹介されてましたから。http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/smp/adomachi/

Res:雲助(157) 題名:はい 投稿日 : 2018年11月1日<木>10時52分
 
あたしもこの回を見ていました。

先日の落語研究会で「付き馬」をかけた時に土手の伊勢屋も入れようかなと思いましたけど、あんまりあざとくなるのでよしました。(^^;;

伊勢屋も少し前に代替わりをしたと聞いて残念に思っていたのですが四代目が元気に揚げていましたので嬉しかったです。(^.^)
 



(926) 題名:横浜にぎわい座 投稿日 : 2018年10月10日<水>22時58分

独演会拝見しました。
「庚申待ち」は「宿屋の仇討」とは雰囲気が変わって面白いです!
大人たちがくだらない話で盛り上がり、
侍にとんだお返しを食らうっていうのは「二番煎じ」を連想しました。
劇中劇ならぬ話中話に出てくる人物もあって登場人物が多いのに師匠の演じ分けは凄い。
「品川心中」は、あのサゲはいいですね。
博打中のドタバタシーンで終わってしまうと、お染が悪女のままフェードアウトする感じですが、
最後のシーンで男と女のしょうもなさが浮かび上がった感じです。
大満足の一夜をありがとうございました。

Res:雲助(838) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年11月1日<木>10時47分
 
「庚申待ち」はお江戸版の宿屋の仇討ちでしょうか。その時分の風習が偲ばれて貴重な噺です。
ただ「女氏なくして…」が通じなくなっているのが残念です。これが頭にあれば「女むじな食って…」がべらぼうに可笑しいんですけどね。(^o^)

どの噺もそうですけど「品川心中」も下げまで演った方が面白いようです。どうしても尺が長くなってなかなかかけづらくはありますけど。
 



グーホ(779) 題名:「らくだ」に驚愕! 投稿日 : 2018年9月23日<日>00時06分/東京都/女性

雲助師匠の高座が大好きです。。
今回は居ても立っても居られず、初めてお便りさせていただきます。

9月18日の十代目金原亭馬生三十七回忌追善落語会にて、雲助師匠の「らくだ」を初めて
聴きました。

もう、最初から最後まで楽しくて楽しくて、ずっと笑いっぱなし!
「らくだ」って、こんなに笑う噺だったかな?

酒が入った屑屋さんの変貌っぷり、ニヒルな兄貴とのやり取りはもちろんのこと、大家さん
大家さんからラストの隠亡、願人坊主に至るまで、全員が生き生きと面白くてびっくり!
こんなにも楽しくてチャーミングな「らくだ」は初めてでした。

終演後、もうニヤニヤと頬が緩みっぱなし、幸せな気持ちで帰途につきました。

雲助師匠、ありがとうございました!


Res:雲助(781) 題名:ご来場 投稿日 : 2018年10月1日<月>11時59分
 
有り難うございました。

「らくだ」は屑屋さんが酔っぱらってからは焼き場までハイテンションで持っていかなくてはならないので大変に疲れます。(^^;;

お終いは酔っ払いながらも四人の使い分けもしなければならず、なるほど大ネタという気がします。

野暮な面の多い噺ですがチャーミングな噺と言って頂けたならば噺家冥利です。(*^^*)

こちらこそ有り難うございました。



まいまい(018) 題名:お菊さん 投稿日 : 2018年8月24日<金>21時16分/東京都/女性

今日鈴本でお菊さんを長屋の人たちが見に行く噺を聞かせていただきました。落語には幽霊にまつわる滑稽な話があって面白いですね。

朝日名人会ライヴシリーズで師匠のCDを8枚位購入させていただきました。ゆっくり聞くつもりです。

Res:雲助(720) 題名:ご来場 投稿日 : 2018年8月31日<金>11時48分
 
有り難うございました。

「お菊の皿」はそもそもは播州ですので田舎弁で演るのですがあたしは江戸弁に直しました。
ただ番町皿屋敷でやると青山鉄山ではなく青山播磨で筋書きも違ってくるのですが承知の上ということで演っていて若手に教える時も言い含めています。

沢山のお買上げ有り難うございます。<(_ _)>
「豊志賀」は夜にお聴きにならない方がいいかと思います。(^o^)
 



あい(015) 題名:鈴本演芸場面白かったです! 投稿日 : 2018年8月16日<木>21時36分/女性

雲助師匠
連日の寄席お疲れさまです。
昨日鈴本演芸場で拝見した『子ほめ』とても面白かったです。あんなに面白い子ほめははじめて聴きました!!
先月の紫演落語会のカッコいい『宮戸川』とはまた違う雲助師匠の素敵な一面を拝見できとても幸せでした!

Res:雲助(342) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年8月31日<金>11時42分
 
連日大入りでしたね。(^.^)

「子褒め」で往来の子どもを脅かすところはあたしの師匠が演っていました。
石を投げるのはあたしが始めましたけど。(^^;;

お客様の中にはこの子褒めを「バイオレンス子褒め」と呼んでいる方もあります。
 



かじゅーか(775) 題名:週末、お待ちしております(*^^*) 投稿日 : 2018年7月23日<月>20時19分

やっと29日が近づいて参りました。長かったです…(^^ゞ
首をながーくしてお待ちしております。
まだ月曜日なのですが、今から週末が楽しみでワクワクしております♥
都内に負けじと市内も連日、酷暑ですので、くれぐれもお気をつけてお出かけになってください。

本日の朝日新聞朝刊の”天ぷら 江戸前の恵み”を拝見いたしました!
新聞は普段は斜め読みなのですが、今日はジックリ読んでしまいました(笑)

Res:かじゅーか(653) 題名:水都寄席 投稿日 : 2018年7月29日<日>17時57分/新潟県/女性/29才
台風の影響で市内は極暑でしたが師匠の『臆病源兵衛』を拝聴でき、幸せな時間でした♥『千両みかん』も暑い夏にぴったりな噺ですね!
1ヵ月、待っていると長いものですが過ぎてしまうのはあっという間ですね。 
定席寄席にも遊びに伺いますので、師匠もまた市内にいらしてください。
お待ち申し上げております。

暑い日が続きますのでどうぞご自愛くださいませm(__)m


Res:雲助(635) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年7月31日<火>07時10分
 
世話人の皆さんの手作り感に満ちた会でしたね。
親身な世話人さんの恵まれて馬石も幸せ者です。

初めての会場とのことでしたが丁度いい大きさの会場でした。

暑さの最中に似合う噺を取り上げました。
「暑いね〜」という台詞が実感を持ちました。(^o^)

いやそれにしても新潟はフェーン現象とやらで暑かったです。(;´Д`)
 



うまのすけ(290) 題名:あさししんぶん 投稿日 : 2018年7月17日<火>18時38分

本日の朝刊の「折々のことば」拝見しましたよ!

Res:雲助(317) 題名:有り難うございます 投稿日 : 2018年7月31日<火>07時05分
 
師匠馬生がよく言っていた言葉です。(^.^)

「馬鹿馬鹿しいことを一生懸命演るのが落語だよ」
「役を演じるのじゃない役の心を演じるのだ」

いろいろ教わりました。
 



まいまい(991) 題名:祝リベンジ 投稿日 : 2018年7月10日<火>20時26分

今日、師匠の「五十石船」を聞かせていただきました。江戸っ子二人が次第にカリカリくるところが楽しかったです。

実は、先月末廣亭で師匠がお休みで噺を聞き損ねてしてしまってのリベンジだったのですが、十分満喫できました。

Res:雲助(106) 題名:ご来場 投稿日 : 2018年7月31日<火>07時01分
有り難うございました。

正しくは「新版三十石」ですね。(^.^)
志ん生師作とされている「夕立勘五郎」を虎造の三十石船に直しました。
ただ訛って浪花節を語ればいいのではなくこの浪曲師を描写しないと面白くならない噺です。(^o^)
 



かじゅーか(081) 題名:水都寄席 投稿日 : 2018年6月11日<月>20時54分/新潟県/女性/29才

自分への誕生日プレゼントとしてチケット入手しており、あともう1ヵ月が待ちきれません!!!長すぎます、、、
新潟に師匠がいらしてくださるのかと思うと嬉しくて…♥ 良い三十路の記念になりそうです😊
嬉しさのあまりに椅子からずり落ちてしまわないように気をつけないとです(笑)

時々、都内の寄席では演芸場の近くで師匠をお見掛けするのですが…
恐れ多くてお声もかけられず(^^ゞ 新潟でも恥ずかしくてお見かけしても無理そうです💦



Res:雲助(699) 題名:ご購入 投稿日 : 2018年7月1日<日>10時48分
有り難うございます。

まだひと月ありますね。でもあっと言う間だと思います。(^.^)

どうぞお気軽にお声かけください。
お目にかかったことのない方ですと誰だろうと思い出そうとする間があるかもしれませんが他意はありません。(^o^)

暑いですね。ご自愛を。
 



たかな(774) 題名:お菊の皿最高でした。 投稿日 : 2018年6月11日<月>13時02分

昨日は久しぶりに師匠のお話を聞く機会に恵まれまして、
お菊の皿を堪能させていただきました。
凄くチャーミングなお菊さんで、
なんだかずっとニヤニヤしてしまいました。
また必ず師匠のお話を聞きにお邪魔します!

Res:雲助(013) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年7月1日<日>10時36分
お菊の皿は女の一生みたいなところがあります。(^o^)

現在演られているお菊の皿はあらかたあたしのところから出ています。
あたしが稽古した者がまた稽古をして孫からひ孫ぐらいまで行っていると思います。

ですのでだいぶあたしの演じ方と違ってきているのもありますね。(^^;;



まいまい(380) 題名: 投稿日 : 2018年5月1日<火>02時13分/東京都/女性

ごめんなさい、居丈高になるつもりではなく、システムがよくわからないので「きれぎれですよ、ね?」と書くつもりでした。

まいまい(959) 題名:国立名人会をとりにがしてしまいました 投稿日 : 2018年5月1日<火>02時05分/東京都/女性

五月の国立名人会で師匠が話されると気づかないうちにうりきれになってしまったまいまいです。
このサイトに師匠が高座に上がられる予定一覧などがあると便利だな〜とおもわされました。

Res:まいまい(289) 題名:WHAT'S NEW 投稿日 : 2018年5月1日<火>02時11分/東京都/女性
What's Newの情報はきれぎれですよ、?

Res:雲助(119) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年5月12日<土>08時25分
 
それは残念でした。ヽ(_ _ヽ)

以前は落語会の案内を載せていたのですが何しろ根っからの不精で最近は休んでいます。
申し訳ないです。f(^^;)

落語会の情報サイトもいろいろあるようですのでそちらを参考にして頂けると有り難いです。
 



かじゅーか(698) 題名:中村仲蔵 投稿日 : 2018年4月15日<日>20時28分/新潟県/女性/29才

アートミックス、大入りでしたね!
とても楽しい時間で、本当にあっという間に終わってしまい…( ノД`)
また、寄席に遊びに伺いたくなってしまいました。

そういえば、師匠の桜色の手拭、初めて拝見しました。
素敵ですね!欲しくなってしまいました(笑)
今年は新潟も桜の開花が早く、散ってしまっており少し残念でしたが…💦

7月末に水都寄席で馬石師匠といらっしゃるので楽しみにしております。
首をながーくして、お待ちしております。

お忙しいことと存じますので、どうぞご自愛くださいm(__)m

Res:雲助(279) 題名:ご来場 投稿日 : 2018年4月21日<土>22時27分
 
有り難うございました。

丁度良い大きさの会場でよく聴いてくださるお客様でした。(^.^)

あれはあたしの手拭いではないのですね。
いつも中村仲蔵の時は縞の柄の手拭いを使うのですがこの日は映えを狙って桜色にしました。
桜は当日の雨でかなり散ってしまったようでしたね。

はい、水都寄席もよろしくお願いします。
 


Res:かじゅーか(416) 題名:そうだったのですね! 投稿日 : 2018年4月22日<日>17時40分/新潟県/女性/29才
道理で…(笑)
私は、白地に茶色の師匠の手拭いが大好きです♥

7月末はどんなネタを高座にかけられるのか、楽しみです!



マグノリア(370) 題名:今年は花粉症がひどい 投稿日 : 2018年4月1日<日>08時52分/女性/50才

 今年は暖かい日が多いせいか花粉の飛ぶ量がとても多く、花粉症がいつもよりひどいように感じます。
 3月は雲助師匠の落語を聴く機会に恵まれ、何度も足を運びました。しかし、花粉症のためマスクを外すことができず、失礼しました。
 今回、いろいろな噺を聴いた中でも一番印象に残ったのが、お江戸日本橋亭での「明烏」です。会場が一体となって笑いの渦に包まれ、生で聴けて本当に良かったと思いました。ありがとうございました。

Res:雲助(761) 題名:沢山の 投稿日 : 2018年4月10日<火>09時06分
 
ご来場有り難うございました。

明烏は大好きな噺です。
粋で遊びがあって色気があっておまけに季節が初午で初春というのがいいですね。(^.^)
布団の中で脚を絡んで云々は始めた頃は演り過ぎと言われましたがこの位の色気はあってもよいと思います。
このぐらいでないとこの後の源兵衛と太助の反応が薄くなりますね。

お江戸日本橋亭は大きさも程よくてお客様が一体となりやすいので好きな会場です。

楽しんで頂けたのなら嬉しいです。
 



まいまい(062) 題名:ひさしぶりに師匠の落語を拝聴しました 投稿日 : 2018年3月13日<火>17時17分/東京都/女性

半年ほど前、武蔵野公会堂でうまれてはじめて落語を耳にしたまいまいです

それから2〜3回落語そのものは聞きに行く機会がありましたが

今日末廣亭でひさしぶりに師匠の落語を拝聴しました

たいへん楽しかったです、ありがとうございました

Res:雲助(859) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年3月31日<土>08時50分
 
落語会での落語も結構ですが寄席もまた良しですね。(^.^)

やはり噺家は寄席で育つものだと思います。
現在噺家の数が増えて若手の高座が確保できないのが協会としての悩みだと思います。

お暇の折にはまたフラリとお立ち寄り下さい。
 



かじゅーか(205) 題名:新潟に! 投稿日 : 2018年3月4日<日>00時50分/新潟県/女性/29才

戌年だけに早速、ご縁があり、師匠が4月に新潟市内にいらっしゃるとのことで…
とっても4月が待ち遠しいです(*^^*)
しかも演目が”中村仲蔵”とのことなので益々、楽しみです。

会場の周りは桜並木が綺麗で夜には毎年ライトアップされているので、散らずに残っていると良いのですが…🌸



Res:雲助(673) 題名:はい 投稿日 : 2018年3月31日<土>08時47分
 
新潟に伺わせて頂きます。(^.^)
新潟は二つ目時分からご縁があります。

今年は花が早いのでちょっと無理かもしれませんね。

7月29日にも馬石との二人会で水都寄席で伺います。よろしく。
 



小野きよみ(148) 投稿日 : 2018年3月2日<金>23時32分/東京都/女性/53才

平成の世の70才とは、こんなにも若い!!んやー、と浅草の師匠を拝見しシミジミ…

『干物箱』やっぱり可笑しくて往生しました(>_<)

Res:雲助(243) 題名:お祝い 投稿日 : 2018年3月31日<土>08時40分
 
有り難うございます。

見た目は若く見えたとしても中身は年相応です。(^^;;

干物箱は好きな噺で明烏とこれから勘当される身の上の若旦那の間ですね。(^o^)
 



マグノリア(654) 題名:2月はオリンピックですが、3月は…。 投稿日 : 2018年2月23日<金>21時40分/女性/49才

2月はオリンピックに燃えました。
3月は雲助師匠の落語に燃えます。
大人買いしたCD1〜12の中でも10番目の「髪結新三」の芝居の様子に惚れました。
3月に「髪結新三」の歌舞伎を見て、その後で浅草の夜とりの雲助師匠の落語を聴きに行こうと思います。
また、横浜にぎわい座の独演会にも行く予定です。
3月が来るのが待ち遠しいです。

Res:雲助(961) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年3月2日<金>09時19分
 
ピョンチャンも始まる前はあまり興味もありませんでしたけど始まってから燃えました。(^o^)

たくさんのお買上げ有り難うございます。<(_ _)>

どれも思い入れがありますが取り分け「髪結新三」は工夫と稽古を重ねた噺です。
最後を芝居掛かりにしたり、歌舞伎の舞台では省かれている「地獄の言い立て」を原本通りに復活もしました。
口はばったいようですがこの噺を創り上げたという自負があります。
もう通しで演る体力はないでしょうねぇ。(´.`)
 



かじゅーか(520) 題名:やっと… 投稿日 : 2018年1月26日<金>18時22分/新潟県/女性/29才

今まで遠方のため、なかなか師匠が定席のトリに伺うことにできませんでしたが…
ついに、三月上席の浅草で拝聴できそうです!!!
今からワクワクしております(*^^*)

戌年、本当に良いことがありそうです。
昨年、頑張った自分へのご褒美です♥
今から楽しみにしておりますー\(^o^)/

都内も寒いようですので、どうぞお風邪を引かぬよう、ご自愛くださいm(__)m

Res:雲助(568) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年2月1日<木>09時06分
 
浅草演芸ホールのトリは季節的に良くなっていますね。

こないだ十日町に行ってきました。
なるほど大変な雪でした。
東京は23pで大騒ぎでしたけど十日町は230pでした。
雪下ろしは重労働ですね。

まだお寒いようです
ご自愛を。(^.^)
 



たかな(195) 題名:カッコよすぎる… 投稿日 : 2018年1月19日<金>21時33分

雲助師匠
初めまして、たかなと申します。

以前からファンだった喬太郎さん目当てで、
11日から連日鈴本に行ったのですが、
初めて雲助師匠のお噺を見て、
本当に格好いいわ、凄く耳心地、
そして勿論心から楽しませていただき、
すっかり虜になってしまいました。
クー!なんてかっこいいんですか!
惚れちゃいます!

お寒い日もまだまだ続くこともあるかと思いますが、
御自愛くださいますように。
お目汚し失礼致しました。

Res:雲助(523) 題名:ありがとうございます 投稿日 : 2018年1月22日<月>10時28分
 
恐れ入ります。(*^^*)

今年で古稀になります。もう老兵でいけません。(^^;;

喬太郎さん人気で毎日満員の盛況でしたね。

今日は雪になりそうです。どうぞご自愛を。
 



マグノリア(174) 題名:新春鈴本演芸場に行ってきました 投稿日 : 2018年1月10日<水>22時49分/女性/49才

1月5日(金)に鈴本演芸場の第三部を見てきました。寒い中、30分待ったかいがありました。獅子舞は出るし、お正月という感じでした。
雲助師匠は「子ほめ」をやっていました。主人公が江戸っ子という感じで、とっても切れがある感じがしました。雲助師匠をはじめ、好きな噺家さんばかりが出演していて夢のような時間でした。ありがとうございました。

Res:雲助(818) 題名:いらっしゃいまし 投稿日 : 2018年1月15日<月>09時06分
 
お目出度うございます。

初席は持ち時間は短いのですがその分多くの芸人さんが出ますのでお客様には楽しいですね。(^.^)

寄席は二之席までお正月です。まだお出でになってないお客様、どうぞお越しください。(丿^^)丿
 



ねこあるき(248) 題名:今年一年、ありがとうございました 投稿日 : 2017年12月24日<日>22時47分/女性

トップページの背景が変わりましたね!
雪持ち笹というのでしょうか??
(調べたのですが、違ったらすみません)
寒さの中にも暖かみの感じられる色ですね♪


今年は頻繁に落語を聴きに行くようになり、楽しみが増えた一年でした。

初めの頃は、自分が聴いたことのない噺を次々聴きたい!と思っていましたが、
同じ噺でも落語家さんによってまったく別の人や出来事を描いているようだったり、
同じ噺・同じ落語家さんでもその時々でアレンジされていたり、
というのが分かってきました。
寄席であれば前後の芸人さんによっても雰囲気が違いますし、
全体の流れのようなものもあり、「一期一会」のものだなあ、と感じています。

最後の方でしたが、五拾三次にも伺うことができて良かったです。
3月の「鉄板・ザ・ファイナル お楽しみ四席」が印象的です。
「バイオレンス子ほめ」「人情火焔太鼓」…で爆笑した後に、「夜鷹そば屋」で
あんなに泣かされるとは思いもしませんでした。
(どんなお話か、全然知らなかったので)

あと、つい最近、ようやく雲助師匠のご本『雲助、悪名一代』を購入できました。
読むのが楽しみです。

年末年始はお忙しいかと思いますが、どうぞご自愛ください。
来年もまた雲助師匠の落語を聴きに行きます!

Res:雲助(168) 題名:今年は 投稿日 : 2017年12月30日<土>09時19分
 
いろいろとご来場頂き有り難うございました。

背景は何という柄なんでしょうね?あたしも分かりません。(^^;;

たしかに演者によって噺の演じ方が違い別の噺と感じる時もありますね。
寄席もまた落語会とは違った楽しみがあります。
初席もそれぞれの持ち時間は短いのですが普段の席にはない楽しさがあります。

悪名一代をお手にされましたか?絶版中のようですが。(^.^)

来年もよいお年でありますように。
 




■ 投稿内容の削除はチェックを入れ投稿時に入力した 削除用 Passを入力し削除ボタンを押してください。
■ 管理者は、管理者をセレクトし管理 Passを入力して削除ボタンを押して下さい。


| 設定変更 | LB_BBS_Rent |

MK_R V1.00